プリリジーは早漏症状に飲むだけで効果がある薬になります。早漏で悩んでいる、自信がない、満足できないなどの問題にはプリリジーでブレーキをかけて改善していきましょう。

プリリジーの画像

プリリジーの脳への働き

プリリジーは早漏を改善する治療薬であり、早漏を改善するために脳へ作用しています。
プリリジーの成分はダポキセチンと言い、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれるタイプの薬です。
どうして早漏を改善するために脳へ働きかけるのかというと、そもそも男性が射精をする際には脳の働きが大きく関わっていて、ノルアドレナリンという物質が増加する事によって射精するようになっています。
そのノルアドレナリンと快感や興奮に関係しているドーパミンという二つの物質の働きを抑制するのが先ほど少し名前が出たセロトニンです。
早漏というのはセロトニンの脳内での濃度が低く、それによってノルアドレナリンの抑制が上手く出来ていない事が原因の一つであると言われています。
つまり、セロトニンの脳内での濃度を高めてやれば早漏を改善する事が出来ると考えられます。
セロトニンの脳内での濃度を高めてあげる方法としては、セロトニンは役割を果たすと再取り込みと言って回収されるようになっているので、その再取り込みを阻害すればセロトニンの脳内での濃度が低下せずに作用し続ける事になります。
それを行うのがプリリジーのようなSSRIであり、セロトニン以外への作用を選択的に無くした治療薬です。
通常はSSRIの働きはうつ病を改善する効果がある事が知られていて、プリリジーの成分であるダポキセチンも最初はうつ病の治療目的で研究されていました。
しかし、うつ病に対する治療効果はそれほど得られずに、代わりに早漏を改善する効果が高い事が分かり早漏治療薬としてプリリジーも登場するようになったのです。
早漏改善効果としては最大で3倍から4倍程度射精までの時間を延ばす事が出来ます。

プリリジーでどれくらい遅くなるのか

プリリジーを飲むと射精までの時間が2~3倍は遅くなると言われています。
早漏の種類、症状の度合い、体調、気分などによって変わってきますが、平均して2~3倍に延びるというコメントが多いです。
いつも2~3分で射精してしまう方だと、7~10分くらいは延びるようになるという声が聞かれます。
射精まで遅くなることで自分に自信を持てるようになりますし、パートナーもオーガズムを感じられる可能性は高くなるでしょう。
早漏と呼ばれる男性の多くは3分以内に射精しており、早いときは1分もせずに果てることもあります。
セックス経験が豊富になると早漏は解消されるのが普通ですが、改善しない場合は慢性的な早漏と考えられます。
過敏性の早漏の場合は、亀頭を強化すると射精まで遅くなります。
日本人男性の6~7割は仮性包茎であり、それが原因で早漏を招いていることも多いです。
普段から包皮をかぶっていると、亀頭が強化されにくいのです。
衣服と摩擦することで亀頭が強化されるため、こまめにむいておく癖をつけましょう。
仮性包茎の方にとって皮をかぶっている状態が正常なので、むいてもすぐに元の状態に戻ってしまいます。
トイレに行くたびに再びむくようにして、これを毎日繰り返していれば仮性包茎が改善することもあります。
なるべく亀頭が衣服と接触するようにすれば、包茎がかなり解消されるでしょう。
7分くらい持続できる状態になれば、プリリジーを服用する必要はないでしょう。
3分で射精する状態はかなり早いと言えますし、5分の場合は判断が分かれるところです。
パートナーが満足していれば大丈夫ですが、不満を感じている場合はもっと持続時間を延ばしていく工夫が必要でしょう。
セックス前にオナニーをして性欲を解放することで、射精まで長くするという方法もあります。

プリリジーを飲み続けると改善されるのか

プリリジーは一時的に早漏を解消する薬ですが、飲み続けることで完治するケースもあります。
そもそも早漏は些細な悩みやセックスの失敗から生じることが多いのです。
初めてセックスをする方は過敏性の早漏に悩んでいることが多いですが、これは時間の経過により治ることが多いです。
ずっと早漏を引きずってしまう場合は、メンタル面が影響していることが少なくありません。
例えば、早漏をパートナーに指摘されてしまい、それを意識して症状が悪化することもあります。
早漏やEDなどの下半身のトラブルは、意識をするほど重症化しやすいのです。
これを解消するためには、治療薬を服用して自信を持つことです。
治療薬を服用したことが心身の安定につながりますし、セックスがうまくいけばコンプレックスが解消されます。
セックスの悩みというのは、セックスを通してしか改善できないのです。
プリリジーを飲み続けることで、毎回早漏に悩むことなくセックスが行えるようになるでしょう。
それによって自信が復活すれば、治療薬なしで早漏を回避できるようになります。
早漏は気持ちの持ち方によって発症する部分が大きいため、セックスに対して自信を持つことが大切なのです。
場数をこなしていれば自然と解消されることが多いので、セックスの頻度を減らすという対策はよくありません。
またパートナーに対して早漏であることを告白するという方法も効果的です。
早漏は隠すことのできない症状であり、相手も100%気づいていますが、告白することで男性自身の気持ちも軽くなります。
セックスの悩みは二人の問題なので、できれば相談をして解決策を見出したほうがよいでしょう。
自分一人で悩んでいると相談はできませんし、何か対策をするにも隠れて行わないといけなくなります。